ダイヤモンドにある鑑定書はどうやってみればいいのでしょうか。

最後に鑑定書について説明をしていきたいと思います。

一番最初にも説明をしましたが、4Cを含めた鑑定書を発行できるのはGIA(Gemological Institute of America)を基準に定めたものとされています。

ダイヤモンドの鑑定書についてさらに細かくみていきたいと思います。

鑑定書にはどんなことが書いてあるのでしょうか?

中央宝石研究所(CGL)を例にとってみていきます。

鑑定書に記載されているのは『カッティングの形状/シェイプ』、『ダイヤモンドの寸法』、『カラットカラー』、『色の起源(天然など)』

『クラリティ』、『カットボリッシュ/研磨状態』、『シンメトリー』、『ダイヤモンドの蛍光性』

『レポート番号→発効日は月/日/西暦の順』

『テーブル径』、『全体の深さ』、『キューレット』、『ガードル厚』が1枚にまとまっています。

さらに、ハート&キューピッド、トリプルエクセレントのものについてはプロポーションレポートがつきます。

AGTジェムラボラトリーやGIAの鑑定書についても基本は変わりません。

ちなみに中央宝石研究所のダイヤモンドのグレードの金額は下記です。

1ct未満2グレード/1000円3グレード/1500円

1ct以上2グレード/4000円3グレード/5000円

10ct以上2グレード/10000円3グレード/10000円

さらにグレーディングレポートをつける場合は3300円かかります。

基本的にダイヤモンドで高価なものを購入する際はお店側がすでに鑑定書を用意していることが多いです。

鑑定書をつけているダイヤモンドを購入することをおすすめしますが、仮についていない場合でも各種機関で鑑定を行うことが可能です。

婚約指輪を購入する時はこれらの点を頭に入れた上で判断をし、選択すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。