ダイヤモンドの4Cの中で何を重視すべきか?

ダイヤモンドの価値は4Cで見極めます。

カット・カラー・クラリティ・カラットが4Cですが、英語表記をすると全て頭文字がCで始まることからこう呼ばれるようになりました。

婚約指輪というのは、特別な物ですから、ダイヤモンドは高品質の物を選ぶのが一般的です。

既製品の婚約指輪もたくさんありますが、どれも品質を重視して選んでいるので、値段もそれなりにします。

婚約指輪の価格は相手に対する気持ちとして受け取られる事もありますので、男性も婚約指輪を選ぶ時には慎重に選びましょう。

婚約指輪はダイヤモンドを選ぶのが一般的ですが、ダイヤモンド以外の宝石を選ぶ事もできます。

しかし婚約指輪といえばダイヤモンドという風習もあるので、多くはダイヤモンドを選びます。

4Cはどれか一つが偏る事はなく、大抵バランスが取れています。

婚約指輪に使うようなダイヤモンドには必ず鑑定書が付いていますので、鑑定書をみればダイヤのグレードも一目でわかります。

ブランドのエンゲージリングになると値段も高くなりますが、一般的なジュエリーショップでも質のいいダイヤモンドはたくさんあります。

既製品を購入するのも一つの方法ですが、ダイヤモンドをルースで購入して、指輪店にオーダーするのも意外と人気があります。

この場合は世界でたった一つの婚約指輪になるので、オリジナリティを重視する人におすすめです。

オーダーメイドの場合は時間と費用もかかりますが、特別な物の場合は4Cのバランスもチェックしてください。

コメントは受け付けていません。